2014年04月27日

縫い物

家庭科万年1の人間が、引きこもり生活を有意義にすべく縫い物などをしてみました。 
 
IMG_6958.jpg
 
三男のシューズ袋・・・2年越し。これまでビニール袋とかでごまかしてたけれど、
来春の小学校入学に向けて。
車に引かれたみたいな尻尾だねぇ。と子供達。悪かったな、人生初刺繍だ、諦めも大事。
長男の手提げ袋、ランドセルについてきたものがちょっと大きめでとても使いやすかったのですが、
4年間酷使してリタイア。サイズ測って、在庫の帆布でチャレンジしてみました。裏地はカモフラ。
 
ネットで作り方検索して、適当にサイズ測って、縫いながら修正して・・・
家庭科1でもこの程度にはなりました。
近くでみると縫い目とか悲惨ですが。直線縫いが苦手、ということがよーーーーくわかりました。
 
この6年間、うつ状態で、ハンドメイド全般はわたしが苦手な予測や順序だてが必要で、集中力を要するため、できないことでした。最悪のときは、私にとっての栄養源である読書すら出来なかったり・・・
それが、ここを縫ったらどうなるか、っていうことを考えながら縫い物ができるようになってて。
前は見ても理解できなかった解説を理解できたり。
おちついて針を運べていたり。
作りながら涙がでました。
posted by Laura at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

グダグダ日常

世間では、花粉終息とか言ってますが、アレはスギ・ヒノキ花粉のことですから。
イネ科キク科やらカバノキ科にアレルギーある人は、最中orこれからですから、戦いは!

アレルギーつながりのお話。
 
目が浮腫やら痒み&痛み&視力低下で車の運転も厳しくなってきたので、合間をみて受診。
島には一軒しかありません、眼科。
その眼科(プレハブ)の待合で、持参した炭酸水を飲もうと口を捻ったらなば…

爆発しました。150cc以上吹き飛んでました。

狭い待合室、水浸しです。
垂れ落ちる鼻水用にボックスティッシュを抱えていたので、どんな羞恥プレイwwwと心で泣きながら
ひたすら謝りながら吸い取りふき取ります。
ただの水だったことが、不幸中の幸いでしょうか。

帰宅したら、販売元から商品回収のはがきが来ていました。
二酸化炭素過添加だったようです。 
 
一軒しかない眼科、もう通えません(苦泣 


↑この事件を話すと、バカ受けします。島の住人。
みんな病院知ってるし、想像しやすいんだろうねぇ。
コメディみたいな一こまだったけれど、渦中の人間にとっては非常に気まずいものでした。

あと、ぐだぐだつまらない日常なので続きを読むで隠しますー
続きを読む
posted by Laura at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

花粉の季節

ヒノキやスギのIgE抗体もあるんです。
んでも、個人的に強い反応がでるのは、ブナ目。
 
今年もやってまいりました。地獄のアレルギーシーズン。
コナラかしらー、ヤシャブシかしらー、と、身近にあるであろうアレルゲン模索。
 
 
アレロック飲んでも持続する怒涛の鼻水と粘膜掻痒と目の痒みと微熱がきたら、瀬戸内でブナ目の花粉飛散が始まったってことです。
いっそ嫌いになれたらいいのに。でも、ブナ目って実がなる有用植物が多くて好きなんです。
雑木林に囲まれてどんぐり拾って生活するのが夢なのに、アレルゲン地獄なんて・・・
どうすりゃいいのでしょう。

あ、リンデロンA軟膏貰ってこねば・・・どうも、眼球に浮腫が出てきた感。
毎年言っていますが、添加物フリーの抗アレルギーとかステロイド点眼薬、発売してくれ。
目薬使えないって、困る。
 
マスクって、防御の意味では隙間から花粉等入るのであまり意味はないけれど、粘膜部分の保湿という働きが素晴らしい。これないと、荒れた喉やら鼻に、いっぱつで風邪菌繁殖してしまう。
アレルギー症状が出てるときは、風呂以外、24時間着用。お勧め。
夏場は蒸れてあせもできちゃうから、要注意。

あぁ〜、今日、お天気良かったし、PM2.5も少なかったから毛布いっぱい洗ってお外に干したんだよねぇ・・・
もう一回洗って乾燥機かなぁ(涙


 
だらだらついでに、近況。
今年度は、小学校PTA役員やら保育園の役員やら、諸々役員漬け。
2年前、事業部長をすっこーん!と引き当ててパニックになっていた自分がかわいらしく思えるくらいには、ふてぶてしく脱皮できました。
まだ体調に波があって、働きに出たりの規律きっちりした生活に戻れるほどではないけれど、少しずつ前進しています。
苦しさに音を上げてから、6年。
見守ってくれてる家族と付き合ってくれてる医師と、助けてくれる人達に感謝。
posted by Laura at 22:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

ヒメフナじゃなかった

ヒメフナムシだと思って飼育していた蟲、ヒメフナムシとは違いました。訂正します。

モリワラジムシの仲間、多分←自信消失中




image-20140403183305.png

胸部より腹部が明確に細く、




image-20140403183407.png

太い尾肢外肢



image-20140403183934.png

アゴ。
成体でも一センチない位で小さく、殻が薄くて とても柔らかいです…南無。



posted by Laura at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする