2016年02月03日

恐ろしい話。

 この冬、甲長も12センチを超えたし...と思い、春から屋外飼育中だった子ガメたち6匹を、
そのまま冬眠越冬させることにした。
 夏の間のケージだったた80L のジャンボたらいに満タンに水を張り、落ち葉を入れて、準備完了。
12月も終わり頃に落ち葉を入れたのだけれど、今年はあたたかかったせいかみなばんばんに起きて動きまくっていた。

年が明けて…数日後。
寒波がやってきた。
 
カメたちの様子を見る。120L たらいのイシガメ親達、クサガメ親達は、みな甲羅に縮こまりネムネム。 
 
子ガメたちは・・・

 
 
 
悲鳴を上げた。
 
 
 
6匹全部、落ち葉の上に上がってきており、しかも体が伸びきっている。
全身微動だにしない。
刺激に対しても、全く反応がない。
目は半開き。まったく動きがない。精気を一切感じない。
総排泄肛も開いてる…
 
 
おそらく、急激な水温変化に対応できず、ショック死したのだと結論。

 
 
 
 
泣きながら、遺体をバケツに集め、スモモを植えている特大サイズの植木鉢へ埋葬。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3日後、カメたちの埋まっている鉢に、お参りをした。
 
…あれ?埋めたはずのカメが一匹表へ出てる。野生動物がほじったか?
でももしかして。
 
拾ったら、かすかに動いた。
  
慌てて、鉢を掘り返して残りの5匹を回収。 
 
全頭、かすかながら反応がある。 
 
 
 
 
 
 
ここからが勝負。
 
 
 
ほぼ死亡状態(一部のカメが時々わずかに頭部を動かす程度:しかも不随意っぽい、全個体脱力してまったく動けない状態)
のカメたちをいかにして蘇生させるか。

 
急激な温度上昇は、おそらく弱った彼らにはとどめになってしまう。
 
ので、まずは、電気毛布で特大プラケを包んで保温。
鼻先をあげることすらままならないので、プラケを斜めに傾斜し、鼻が完全に空気中に出るようにした。
体が乾かないように首まで水が軽く浸るように。自ら出ている甲羅には時々霧吹き。 
 
これを、底面から丈夫まで毛布でくるみ、上部にすこし隙間をあけてみた。
 

12時間後、 
 
 
頭部の動きが活発になったり、全く動かせていなかったカメも少し頭部が動き出した。

 
更に12時間後。2匹ほど、わずかだが移動している。
 
 
更に24時間後。全個体が動けるようになったので、プラケを水平にして、水ひたひた。
楽に呼吸ができる深さにする。
 
電気毛布を外して、ヒーター装着。サーモスタットで20℃→25℃へと2日かけて徐徐に水温を上げる。
 
 
不随意の運動が多かったり、目が見えて無いような状態だったけれど、
水温25度にしてから3日後、調子の良かった2匹が床に落ちてる腸からの排泄物を咥えていたので給餌。
少し食べた。 
その後、日数が経つにつれて、残りの4匹も調子が良くなり、
10日もするとすっかり元気に。餌もよく食べ、目も見えているようです。
 
 
復活させることができて良かった…
posted by Laura at 16:09| Comment(9) | TrackBack(0) | カメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

だめだこりゃ。

小っさいキャパを超えた日々を過しています。

夏の暑さと多雨で大ダメージを受けた多肉系が、先日の寒波でとどめを刺されました。
5年間屋外放置で順調だったハオルチア、全滅。根まで凍ったらしく腐り初めて;;見るのも辛い。

生き物にも正直手が回らない日々。
生き物への情熱が見事に薄くなっていってるのが分かる…
こんなこと、40年生きてきて初めてのことで、自分でもどうしたらいいのかわからない。
posted by Laura at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする