2014年10月19日

Snow White

絶えるかとヒヤヒヤしていましたが、無事に再現することができました。


image-20141019012921.png



ホワイトアイ確認。
写真が撮れない(腕的に)のが痛い。



白×ノーマルのF1に、そのまま親も混ぜたグループ…一度、全て見た目ノーマルになってしまったのですが、途中で庭捕獲の白を一匹投入し、ボツボツ出てきました。
posted by Laura at 01:36| Comment(5) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

ヒメフナじゃなかった

ヒメフナムシだと思って飼育していた蟲、ヒメフナムシとは違いました。訂正します。

モリワラジムシの仲間、多分←自信消失中




image-20140403183305.png

胸部より腹部が明確に細く、




image-20140403183407.png

太い尾肢外肢



image-20140403183934.png

アゴ。
成体でも一センチない位で小さく、殻が薄くて とても柔らかいです…南無。



posted by Laura at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

秋の夜長

連休だけど、どこにも出かけない我が家。
イベントレスではつまらんかな、と、日記のネタにいつもの人工海浜へハマダンの観察に行きました。


image-20131014021840.png


image-20131014021916.png
拡大!ピント合ってねぇ~_~;
次回はコンデジか一眼持って行こう...

image-20131014021901.png


image-20131014022153.png


今回は前より数が少なかった(´・ω・`)
汐の関係か、猛暑の影響か、季節的なものか...

日中は真夏日だったのに、日が落ちると急に冷えこんで、、、ハマダンゴも動きが非常に鈍かったです。



家に帰って空を見上げると、星が綺麗で。
星座板があればな!と長男がつぶやいていたので、今度は星座板持って山の方へ行って見たいと思います。
posted by Laura at 02:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

人生いろいろ

次男コムギ、小学一年生になりました。

blogはじめた当時、まだ2歳前後だったはず、の、長男は4年生に。

のんびり成長してる三男は年中さん。

早いものです。

 

 

入学式早々、ショックな出来事が起こったので、気を静めるために例の裏山にムシムシ探しに行ってきました。

山道脇で這い蹲って蟲探しをしている姿を、畑へ通う通りすがりのおば様に見られ、

大層驚かせてしまいました。

一生懸命説明して、変人だけど、犯罪行為はしてないことをアピールしました。

・・・お話してて、すごいなーって思ったのは、おばさん、庭に居るダンゴムシと

山に居るダンゴムシは違う、ってことを体感でご存知だったこと。

凄いよね、なんか。興味ないことだろうに、違いを感じられるって。

 

 

marumaru bugs001.jpg

 

今回の成果!

タマヤスデたちは、朽木のなかかから、落ち葉の下辺りに移動していました。

たくさんいました。

 

koshibiro from uramaya 002.jpg

 

今回、一番嬉しかった発見。

コシビロたんがいました。マサカリ型☆

なんて種類なんだろう。わかんない。

顔とおしりがほんのり赤っぽい個体と、普通に灰色っぽい個体、その中間っぽい個体と

いろいろ居ました。

でも、生息密度はタマヤスデよりかなり低かったです。

 

kosibiro from urayama 001.jpg

  

kosibiro from urayama 002.jpg 

 

 

他には、でっかいワラジーとか

waraji from urayama001.jpg

 

big waraji from urayama 002.jpg

 

一センチ以上あります。

種類わかんない・・・

 

 kosibiro and big okadan.jpg

写真右のような、12mmクラスのでっかいオスのオカダンが同じ場所に居ました。

ちなみに、左はコシビロたん。

コシビロよりもはるかに少ない生息密度ですが、大きいから目立つ。

巨大オスのみで、若い個体やメスは見当たりませんでした。

 

 

あ、しろたん.さんのところでベビー報告があったので、うちも確認してみたら、

生まれてましたー^^!

 tamayasue babies 001.jpg

このベビーが写ってるうんこ玉から出てきたのかは定かではないのですが、中に存在がないので、うんこ玉のなかのひとは、無事に出て行ったものと思われます。

posted by Laura at 00:15| Comment(6) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

謎行動

飼育中の沖縄産のコシビロダンゴムシの謎行動。

 okinawa-kosibiro 001.jpg

 

ネッタイコシコシビロオレンジホッペの謎行動

orange cheek 003pg.jpg

 

ひっぺがしても、またこの状態に。数日間、このまんまでした。謎。

 

 

  

 

ところで、沖縄産コシビロ、いつのまにか生まれていました・・・・が、

現在ベビー9割壊滅。親個体は状態良いんだけれどなぁ・・・

 

okinawa-kosibiro baby 001.jpg

  

しばらく調子良かったのに・・・何がいけないのか・・・ほんと、私、育てるの下手だ。

あんまり腐葉土を食べてる感がなかったので(体に黒い食べ物が透けない)、

イースト投入してみました。テトラフィン放置して、イーストのほうをよく食べてる。

子達が無事に生き残れますように。

posted by Laura at 22:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

カガホソ 飼育環境

リクエストにお応えして。

  

我が家のカガホソ飼育環境

 

bugs house.jpg

ベルチェ式クールインキュベーター 22℃に設定して 

上段に蓋なしで置いてあります。時々、部屋に出して外気に当てています。

 

ちなみに、横の平べったいタッパーはタマヤスデ、下段のプラカップは

沖縄産のコシビロと、オレンジホッペなコシビロと、新入生のKGBです。

 

 

 

んで、カガホソケース改造w例

 kagahoso cage.jpg

 左側の、ホソワラジが入っているのが原型。

高さ約12センチを8センチにカット。不器用ですw

ケース右側の土中に居るのは2ndベイビーたちです。

カットしてからは一匹も死骸を見ていません。

インキュベーター内っていう湿度が逃げにくい環境も蒸れにつながったと思います。

 

 

上から。 

kagahoso cage 002.jpg

こんなん。

100均腐葉土の上に、山で採ってきたコケとか、朽木。黴てる木はカブトムシ用の転倒防止ホダ木。

 

餌は・・・朽木や腐葉土食べてるみたいです。一応、ハチュ用のカルシウムパウダーちょこっと撒いています。

  

kagahoso baby 2nd 001.jpg

2ndベイビーちゃん。

 

 

おまけの

snow white 001.jpg

チーム・スノウホワイトちゃん。美白。最近繁殖してません。

posted by Laura at 12:31| Comment(10) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高湿度で失敗した

カガホソタッパー、死神が大鎌を振るいまくって去っていきました。

成体やヤング個体数匹、多分ベビーもたくさん、天国に送ってしまいました。

脱皮したてのぴかぴかな状態で息絶えてる姿をみて、悲しくなりました。

ちゃんと生かしてやれなくてごめんなさい。

 

原因を考えていて、100均の腐葉土を疑ったのですが、他のネッタイコシビロは上手く飼育できているので、おそらく飼育容器・・・

通気を考えて、蓋をはずして飼育していたのですが、容器の深さがあったため、空気の流れがよどんで湿度が上がりすぎてしまったようです。(同型容器でチーム・スノウホワイト:ホソワラジや、マダラサトを飼育していますが、問題なく飼育できています)

ちなみに、ネッタイコシビロ系ダンゴは22度に設定した、クールインキュベーターの中で飼育しています。 

 

容器を思い切って低くカットしたら、死神が去りました。

己の飼育技術の未熟さに鬱々しつつ、それでもご報告できる色々な良い出来事もあったのに、年度末の忙しさで心折れてblogサボっていたのですが、本日、目を疑うミラコーが起こりました。

 

画像荒いけれど。

kagahoso_babies_2nd.jpg

カガホソベイビー、第2弾です。

生まれてきてくれてありがとう。

今度こそ、生存率あげて飼育していきたいです。

そして、1stのベイビィも3匹ほど、容器カットしたあとに目視しているので、大切に育てていこうと思います。

posted by Laura at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

タマヤスデの卵・・・

国産タマヤスデ、採集直後から交尾してたんだけれど、最近盛んに産卵しています。

  

 

tama egg1.jpg

 

 

tama egg2.jpg

 

 tama egg3.jpg

 

 

tama egg5.jpg

 

tama egg6.jpg

 

 tama egg7.jpg

 

 おなかに抱えてもぞもぞしてたんだけれど、卵産み付けてたのかなあ?

 

 

 

そして、やっちゃった写真。 

腐って溶けかけてた舞茸の上にあったブツを移動させようとしたら、意外とやわらかく・・・ 

 

 

tamayasude egg inside.jpg

 

潰してしまって、中身丸出しにorz

 

 tama egg inside.jpg

 

画像が荒くてよくわかんないーorz

綺麗に華麗にミラクルに接写拡大撮影できる技術を身に付けねば・・

 

 

 

おまけ。

カガホソ、まだ時々ベビーがウロウロしてます。

生きててホッ.....心配で胃が痛くなるダンゴムシだー

 RIMG0006 (3).jpg

 

posted by Laura at 13:49| Comment(7) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

生まれた!!!

温度管理に失敗して(失敗してばかりで嫌になる・・・)、カガホソコシビロダンゴムシを

3匹天国送りにしてしまった。

kagahoso.jpg

寒いので、トカゲケージの上部に置いていたら、部屋の日当たりが良すぎて

日中の温度が上がりすぎたのがいけなかったっぽい。

自然下では、気温は高くても土中は温度一定、夏涼しく冬暖かいものね。。。

  

 

がっくりきてたなか、ミラコー!が起こりました。 

朽木を除けたら・・・

 

 

kagahoso babies.jpg

 

 

まさかの出産。 

 

正直、無事に育て上げる自信がありません。

共食いするらしいので、ますますドキドキ不安が湧いてきます。

とりあえず、写真を速攻で撮って、そっと朽木を戻しました。

 

 

どーしよう。一週間くらいほっとくのがいいのか、でも気になって毎日めくってしまいそうな。

 

ちなみに、うちの個体群は、テトラフィン食べてくれません。舞茸も無視。

発酵した葛の葉は食痕がありました。

posted by Laura at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

白いワラジムシ

 

 似たような写真を2枚。

 111203_1429~01.jpg

 

よぉーく見てください。右端のほうに白いワラジーいるでしょ?

毎日いつ見ても、この子だけ白いんです。

シロワラジ・・・?っておもったけれど、もっと小さいよねぇ。

一緒に移ってるのはホソワラジたち・・・・(白い粉吹いてるからホソでいいよね?不安〜)

 

 

111203_1429~04.jpg

  

こっちは、ぶれちゃってるけれど、下のほうにはホソワラジに

他の種類のワラジもいたり。ホンキで調べて同定してないから種類は??です。

全部瀬戸内の自宅庭で集めました。

 

 

果たして、シロ子ちゃんは白化個体なのか、アルビノなのか。。。それともそういう種類なのか。

飼育は結構長くしている割に、ワラジについてはムチの極みにあったこと反省。ちょっとお勉強だな。

posted by Laura at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

夜の浜辺

オニプレ夫婦のために、大きめ流木を探しに島のいろんな浜をチェックしてきた。

 

したらば、ハマダンゴムシの住む例の人工海浜で、無事に思ったものをゲットすることができた。海水浴場、シーズンオフは清掃もなく、いろんなものが流れ着いていて楽しいのだ。

 

 

そして、もっと楽しいことを発見。

夜の浜には、ハマダンゴがワンサカハート

 

いい感じに腐食の進んだ柔らかめの流木がハマダンゴに覆われてる〜ハートハート

興味ない人から見れば、悲鳴ものの光景でしかないかもしれないけれど、ワタシには感嘆モノの素敵光景だった^^今度行くときは、ライトとカメラ持っていこう。

 

 

あと、もう一つ、自分的幸せ。

それは、以前から時々通っていたミドリイソギンチャクを観察していた岩場の奥にある浜で、ハマダンゴムシ発見!数は少ないし、サイズも小さいものしか確認できなかったけれど、確実に!生息していたのが嬉しいハート

砂の色が、人工海浜は灰色なのに対して岩場のある浜はベージュ系なので、ハマダンゴの色彩比率も観察したいなぁと思ったり。科学的根拠となりえるような立派なデータを取る根性はないけど^^;

posted by Laura at 13:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

ハマダンゴムシ 写真集

っていうほどでもないんだけれど。

ケータイで深夜の一瞬を切り取る作業・・・地味です。変態っぽいです。オットが居ると呆れられるのは間違いないから、出張中にこっそりと撮影大会。

電気つけるとすぐに潜っちゃう・・・もっとじっくり観察させてくれ〜

採取時にはいなかったはずのチビちゃんが3匹確認できた。繁殖してるのか、はたまた砂に混じっていたのか・・・。

一時はみんな白くなっていたんだけれど、カラフルに戻りました。

110322_1423~01.jpg

けっこう大きいです。オカダンゴより大きいかんじ。

110517_0311~04.jpg

ライトでパニック。瞬間的に潜り始めます。

110517_0311~02.jpg

プラケが汚れてるので、ピントが合いません・・・

110515_0201~03.jpg

クズの葉っぱも食痕がありました。海草は、海で拾ったものとか海水で戻したワカメとか与えてます。あとは、カメの餌各種とかザリガニの餌とか金魚用のフレークフードとか。オカダンゴやワラジーとの給餌の違いは、海草を与えるかどうかくらいかな。

posted by Laura at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

ハマダンゴムシの色って

捕獲時はピンクがかった固体が、半透明のケースに入れておくと数分で白っぽくなった。

現在飼育している個体の中にも、濃い目のピンク固体が数匹居たはずなのに、今全部白系。※模様はかわらず

周りの環境に合わせて体色を変化させるの?それとも目の錯覚?

posted by Laura at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

アルビノオカダンゴムシ

しろちゃん、結局借家のシロアリ薫蒸の二日後に天国へ旅立ってしまった。

7月の話。

捕獲後間もないとき。まだ艶々。触覚が切れていた。

下のポチポチはレゴブロックの黒。

まーどれもこれも哀しくなるほどの写真テクでございます…肝心の雌雄判別ができないよ、これじゃ。

…年のせいか細かいもの見ると目が霞んでね…多分♀でした。

乗せる価値在るのか?ってボケブレ写真ですが、数少ないしろちゃんの写真なので

有無を言わさずアップ。ノーマルオス固体と一緒にレゴ(黒)の上で。

カメラ変えて撮影。薫蒸後急速に弱ってしまって、これはヤバイ…せめて写真だけでもと

慌てて撮影。

残念ながらしろちゃんの子孫を手元に残すことは叶わなかった。

posted by Laura at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

影響が

最近、日よけネットの重石代わりに置いているトロ舟で、メダカ飼育を始めた。ボウフラ対策。

設置中、ダンゴムシやワラジムシの存在が気になってしまい、ちょっと調べているうちにすっかり魅了され、飼育してみることにした。
子供への教育に…とか理由をつけてみた。


飼育用に庭で採取していると、長男ムギがアルビノのオカダンゴムシを発見!

一気にテンションアップ。


百均でタッパーを買ってきて、蓋にネット張って飼育容器作成。

庭の土には小さな蟻が異常発生しているので、百均の腐葉土と鹿沼土を混ぜ、落ち葉や無農薬栽培の枝豆の葉や桑の葉、素焼き鉢の破片を入れてセッティング。
自宅にあったレプ用のカルシウム剤、テトラフィン、カメの餌などを入れる。

ワラジーとダンゴは一応別々に。

毎晩眺めて癒され、朝には食跡を見ては嬉しがり、変人への道を一気に進んでしまった感のあるワタシ。


そんな楽しいダンゴライフに危機到来。

現在借家住まい…が、シロアリの駆除剤更新の連絡が来た。

7日。

…これって。

もしかして。

ワラワラ虫達ピンチ?



posted by Laura at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ダンゴムシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする